見出し画像

"危機を可視化する"スペクティです!

世界中の"危機を可視化"する、
株式会社Spectee(スペクティ)の公式noteへようこそ!

こちらの記事では、スペクティの会社紹介と更新予定のコンテンツについてご説明いたします。


Spectee(スペクティ)ってどんな会社?

スペクティは、"危機を可視化する"をミッションに、AIなど最先端のテクノロジーを活用し、防災や危機管理に関連した技術開発を行っているベンチャー企業です!

気候変動による自然災害の激甚化、いつ起きてもおかしくない大地震、世界中を揺るがすテロや戦争、サイバー攻撃・・・。私たちの生活はあらゆるリスクに囲まれています。

スペクティは、これまで培ってきたデータ収集や解析に関する技術とノウハウを用いて、世界中のあらゆる危機可視化し、さらにその先に起きる被害を予測することで、危機に強い社会・持続可能な社会を創ることを目指し、日々活動しています。

提供しているソリューション「Spectee Pro」は、世界中のSNS情報や約1万台の道路・河川カメラ、気象情報、自動車のプローブデータなど、様々な情報を地図上にプロットして一元的に確認することができ、2024年6月末現在で1000を超える自治体や企業に活用いただいています!

▼提供しているソリューション「Spectee Pro」の説明動画


何気ないSNS投稿が誰かを救う?!

SNSイメージ

TwitterやInstagram、Facebookなど普段よく使っているSNSで、「大雨で家の前が冠水している」「近くで煙がでているけど火事かな?」「会社に行く途中の交差点で事故が・・・」などの投稿をしたことがあったり、見かけたりしたことはありませんか?

スペクティは膨大なSNSの情報からそのような危機に関する投稿をAIで解析し、人の目によるファクトチェックをした上で、必要な機関や企業に配信しています。
みなさんの投稿がとっても役に立っているんです!!

弊社のサービスはBtoB(toG)向けですが、多くの自治体や企業がスペクティのサービスを通してみなさんの情報を取得することで、インフラを支えたり、誰かの命を守ったりしていることを、noteを通してたくさんの方に知ってもらい、世界の防災・危機管理の意識を少しでも高めていきたい、そう思っています。

防災・危機管理意識を向上させるコンテンツを更新

今後は、
▼スペクティ創業のきっかけとなった東日本大震災関連の記事
▼企業や自治体の最新防災・危機管理の取り組み(インタビュー記事)
▼最新の防災テックの動向
▼技術開発の苦労や裏側
などを更新していく予定です。

企業や自治体のBCP・防災・危機管理担当の方、
また、防災・危機管理に興味関心があるすべての方向けに、
"ためになった"と感じていただけるコンテンツを届けていきたいと思います!

更新情報は公式Twitterでも発信していきますので
フォローいただけると嬉しいです。
https://twitter.com/spectee_company

それでは、今後の更新をお楽しみに♪
最後までお読みいただきありがとうございました。


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!